HANG TEN(ハンテン)

HANG TEN
ハン テン
“HANG TEN(ハンテン)”は1960年DUKE BOYD(デューク・ボイド)がサーフトランクス
を発表したのが始まりで、その後先染めボーダーの代名詞となる“ハンテンボーダー”を
中核に“プリントTee”“ポロシャツ”“コーデュロイ”を手掛け、当時のカリフォルニアを
代表するカルチャーブランドへと成長して行き、1971年にはこの他の周辺商品を展開し、
日本を始め世界各国へ進出して行った。
その後“HANG TEN”はサーフィンだけにとどまらず、モトクロスバイク、スケートボード
スキー、パラグライダー、ヨット、マラソン、テニスなど次々に新たな分野に活動を広げ、
今もなお、カリフォルニア・ライフスタイルブランドとして愛されている。